営業の種類をまとめてご紹介!必要なスキルも解説【向き不向きに注意】

営業は、ビジネスを成立させるうえで大切な仕事です。業種・業態を問わず必要とされる職種で、ひとくちに営業といってもさまざまな種類があります。

そのため、キャリアチェンジとして、自分に向いている営業の種類があれば検討したいと考えている方もいるでしょう。また、営業職に興味があり、どのような営業の種類があるのか知りたい方もいるのではないでしょうか。

そこで本記事では、さまざまな営業の種類をまとめてご紹介します。必要なスキルもあわせて解説しますので、営業職でキャリアを築きたい方は、ぜひ参考にしてください。

 

営業の種類は大きく分けると3つ

営業の仕事は、クライアントに対して商品やサービスを提案・販売することです。ただ、商品を売るだけではなく、クライアントの抱えている課題を一緒に解決するスタンスが営業職には必要になります。

営業の種類は、営業形態によって大きく3つに分かれ、それぞれ役割が異なるので解説していきましょう。

代理店営業

代理店営業とは、自社の製品やサービスを販売してくれる代理店の開拓やサポートをする営業形態です。

エンドユーザーへの直接的な提案や販売が目的でないことが特徴といえます。新しい代理店の開拓や、商品やサービスの説明、販促方法のレクチャーなどが代理店営業の主な仕事内容です。

メーカー営業

メーカー営業とは、自社製品やサービスを直接クライアントに販売する営業形態で、営業先の多くは法人になります。

新規クライアントの開拓をする新規営業や、既存クライアントに対するルート営業などがあり、自社商品やサービスの提案、保守点検、改善要望の聞き取りなどが業務の一環です。

商社営業

商社営業とは、多くのメーカーや企業などから商品やサービスを仕入れて、クライアントに提案・販売する営業形態になります。

クライアントは法人であったり、個人であったりさまざまです。既存クライアントへの営業や新規クライアントの獲得、仕入れ先の確保など、業務は多岐にわたります。

仕事内容別の営業の種類

営業にはさまざまな手法があり、扱っている商品やサービスによって異なります。

営業の種類を知っておくと、どのような営業が自分に向いているのか、向いていないのかを判断するヒントになるでしょう。

個人営業

個人営業とは、法人相手ではなく個人や個人経営店をクライアントとして営業する手法です。

個人営業では、商品力やノウハウに頼らずに、クライアントに寄り添ったコミュニケーション能力が問われるので、結果を出せるようになれば営業スキルが大きく身につく可能性があります。

個人の方が相手なので、1件の契約金額は大きくないかもしれませんが、クライアントのニーズを的確に捉えていれば、早い段階での契約成立が期待できます。

法人営業

法人営業とは、個人や個人経営店ではなく、法人がクライアントとなる営業手法です。個人営業と比べて、取り扱う商品やサービスの規模が大きい傾向にあります。

クライアントの窓口担当者と決裁者が異なる場合が多く、複数人に対するプレゼンテーションや、さまざな角度からのアプローチなどが必要なことも。そのため、プレゼンテーション能力などの営業スキルが欠かせません。

また、法人相手のため、個人営業と比べると契約金が比較的大きくなり、営業職としての報酬が高い傾向にあります。

新規開拓営業

新規開拓営業とは、今まで取引のなかった企業や個人を新たなクライアントとして契約を結ぶ営業手法です。

まったく新しいクライアントを開拓するので、ターゲットの絞り込みやニーズの洗い出し、適切なプレゼンテーションなどが必要になります。

顧客を見つけるまでのハードルは高くなりますが、販路拡大による事業高アップと、既存クライアントとの契約終了のリスクヘッジとして欠かせない営業手法です。

ルート営業

ルート営業とは、既存のクライアントに対して、定期的に営業活動をする手法です。ルーティン業務として、保守点検や交換品の納品などがあります。

日常的に顔を合わせるクライアントへ新商品の案内をしたり、ニーズの聞き取りをしたりすることも仕事の1つです。

ルート営業を通じて、クライアントと良好な関係性を保つことが、安定的な事業の継続につながります。

テレアポ営業

テレアポ営業とは、テレフォンアポイント営業の略称です。電話を通じて企業や個人を対象に営業します。

テレアポ営業の役割は、自社商品やサービスの資料送付、説明のための面会約束の取り付けなどが目的になります。

音声のみの営業なので、直接顔を合わせる営業手法より難易度が高いといえるかもしれませんが、新規クライアント獲得のために大切な営業手法です。

インサイドセールス

インサイドセールスとは、営業先を訪問しない非対面型の営業手法になります。通常、営業というと外勤をイメージしますが、インサイドセールスは内勤である点が特徴です。

電話やメール、オンライン通話などを用いて、クライアントに営業します。直接訪問がないので、営業件数を増やせる点がメリットといえるでしょう。

今までの営業と違って、時間や場所の制限がないので、新しい手法として注目されています。

反響営業

反響営業とは、インターネットやテレビ、雑誌媒体、ダイレクトメールなど、広告を出稿した媒体で何らかのアクションを起こした方を対象に営業する手法です。

広告内容に興味のある方へ営業するため、クライアントになる可能性は比較的高い傾向にあります。

反響を得るためには、宣伝する商品やサービスを必要とするターゲットの洗い出しや、広告出稿する媒体の選定など、マーケティングの知識が必要です。

海外営業

海外営業は、海外の法人や個人に対して自社の商品やサービスのPR、販売などをする営業手法です。

商品やサービスの知識はもちろんのこと、営業先の言語や法律、習慣などにも通じている必要があります。スキルだけでなく、営業相手にあわせた柔軟な対応能力が重要です。

営業経路は、日本国内から海外へ向けて営業する場合と、海外に拠点を持ち現地で営業を展開する2通りの方法があります。

医薬営業

医療機関を訪問して、商品となる医薬品の情報提供や収集、販売などをする営業手法です。MR(Medical Representative)とも呼ばれます。

医薬品を直接的に販売するのではなく、必要な情報を提供することで医師や薬剤師などに自社製品を選んでもらって売上に結びつけることが主な役割です。

そのため、専門的な知識と、実際の医療現場の情報を収集して分析する能力が欠かせません。

技術営業

技術営業とは、商品に対する専門的な知識と高いスキルを活かして営業する手法です。クライアントは、法人がメインになります。

業種として、機械系・IT系・電気系などのメーカーとの取引が多いです。製品の提案だけでなく、技術サポートやクライアントのニーズをもとに製品のカスタマイズなどを行います。

営業職に必要なスキル

営業職は、個人のスキルが営業結果を左右するといっても過言ではありません。営業に必要なスキルを3つ解説するので、スキルアップに努めてください。

コミュニケーション能力

営業職にとって必要不可欠とされるスキルは、コミュニケーション能力です。営業職は初対面の方と話す機会も多いため、コミュニケーション能力は必須のスキルといえます。

見込み顧客やクライアントと早い段階で信頼関係を築き、良好な関係性を継続できる能力が必要です。信頼関係を築ければ、相手のニーズを汲み取り、的確な商品やサービスを提案できるでしょう。

自社製品への理解・専門知識

営業職には、自社製品やサービスへの理解と専門知識が必要です。扱っている商品やサービスへの理解がないと、クライアントへ適切な提案ができません。

自分で商品やサービスを使ってみたり、開発部門に特長や特色を教えてもらったりして、理解や専門知識を深めることが大切です。

そうすることで、クライアントのニーズに合わせて柔軟で適切なアプローチが可能となります。

スケジュールを管理・効率化する能力

営業は、クライアントの都合に合わせて仕事を組み立てるため、効率の良いスケジュール運用が大切になります。

商談日程の調整やプレゼンテーションの準備など、必要事項を逆算して組み立てることで、効率的な営業活動を目指しましょう。

管理されたスケジュール運用と業務の効率化が、結果としてクライアントのニーズを満たし、自社事業の拡大・継続にもつながります。

営業職は種類が多く、選択肢が豊富な職種

営業職とひとくちにいっても、その種類は実に多く、仕事としての選択肢は豊富です。営業する相手が個人や法人などで異なる場合、アプローチ方法も変わります。

また、テレアポ営業やインサイドセールスでは、営業相手と実際に会わないため、直接会話することが苦手な方でも挑戦しやすい営業手法といえるでしょう。

営業職は種類の多さから、同じ営業でも向き不向きがあるかも知れません。選択肢が豊富にあるからこそ、自分に合った営業職を見つけたり、これまでの営業経験を活かしたキャリアチェンジをしたりすることが可能です。

ただ、営業の仕事を進めていくうえでは、コミュニケーション能力や自社製品への理解、スケジュール管理能力が欠かせません。現段階で、自身に必要な能力をしっかりと把握しましょう。

ビジネスにおいて営業力は必要不可欠なので、営業スキルを磨いてキャリアを積み重ねてみてはいかがでしょうか。

 

 

執筆者 野本一貴

フリーランスの英日翻訳者、Webライターとして活動中。得意なジャンルは投資、クレジットカード、インバウンドなど。丁寧な翻訳、わかりやすいライティングを心がけています。