【SNS運用代行】の副業で稼ぐ方法を初心者向けに徹底解説!

インターネットの発展とともに、InstagramTwitterFacebookTikTokなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)がポピュラーな存在となっています。

SNSはプライベートで楽しむだけでなく、商品やサービスの宣伝、コンテンツや店舗への集客など、マーケティングに欠かせないツールの1つといえるでしょう。

そして、SNSマーケティングの需要が増していく中で、SNSの運用代行を副業として始める方が増えてきています。

しかし、SNS運用代行がどのような副業なのか、SNS運用代行を副業として始めるにはどうしたら良いか、わからない方もいるでしょう。

そこで本記事では、SNSの運用代行の副業で稼ぐための方法を初心者向けに解説していきます。

 

SNS運用代行とは

SNS運用代行とは、クライアントとなる企業や個人などに代わってSNSを運用して、求められる成果へとつなげる仕事です。

SNSマーケティングは、企業においてもノウハウを持っている方は少なく、日常業務などもあるため、なかなかビジネス用のSNSアカウントは育てにくいという状況があります。

そのため、SNSを代わりに運用してもらうニーズが高まり、企業や個人問わず、初心者でも運用経験のある方が求められているのです。

SNSはブログと違って、投稿する文字数が少ないので、ライティングスキルに優れていないWeb初心者でも取り組みやすい傾向にあります。また、SNSは長期運用の案件も多いので、継続的な副業収入につながりやすいことも特徴です。

現在、SNSのサービスは多岐にわたっており、プラットフォームごとで運用代行の内容は異なります。ただし、SNSを使ったマーケティングという意味では、根本的な仕事内容は同じといえるでしょう。

ここからは、SNS運用代行の実際の作業内容について解説しますので、ポイントをおさえてください。

企画・立案

SNS運用代行を始める際に、訴求するターゲットの選定や商品・サービスの宣伝方法の企画や立案などを進めます。

企業の場合、ターゲット層や広告の方法まで決まっていることも考えられますが、個人の場合は、運用代行する方が、訴求するターゲットの選定や宣伝方法の企画などを行う必要があるかもしれません。

企画・立案では、期間限定キャンペーンや時事・時節に絡めた内容、キャラクターの登用など、さまざまなアイデアが求められるでしょう。

SNSに投稿する

企画や立案が決定すると、必要な内容・回数などを決め、「ハッシュタグ」特定のキーワードなどを取り入れて、運用するSNSアカウントに継続的に投稿します。

さらに、訴求するターゲットへの「いいね」や「リプライ(返信)」など行い、フォロワーを増やしていきます。

運用代行するアカウントに関連性のあるインフルエンサーや有名人などをフォローして、「リプライ」や「リツイート」などをすると、SNSでの認知度が上がる可能性があるので、積極的に絡んでいく行動が必要です。

SNS運用代行を副業として取り組むために必要な知識やスキル

SNS運用代行を副業として取り組む際には、必要な知識とスキルがあります。

それは、SNS全般に関する知識、運用内容の分析能力、フォロワーとのコミュニケーション能力の3つです。

SNS全般に関する知識

SNSにはたくさんのプラットフォームがあり、それだけ多くの方がさまざまなSNSを使っています。

現在、日本で利用者数の多いSNSといえば、以下の8つがあげられるでしょう。

  • LINE
  • YouTube
  • note
  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook
  • TikTok
  • Pinterest

1つではなく、複数のSNSを利用している方も多いです。SNSに関する知識をつけるには、各SNSを実際に利用することで、一定の知識を身につけることが十分に可能です。

運用内容の分析能力

SNSの運用代行をするには、SNSに投稿するだけでなく、運用内容の分析を行っていきましょう。

SNSには解析ツールがあるので、数字で客観的な分析を行い、課題発見や改善行動を取るのが大事なのです。

たとえば、Twitterにはインプレッションやエンゲージメントを確認できる「Twitterアナリティクス」が用意されています。

訴求するターゲット層を獲得できているのか、反応が多い投稿内容はどれか、フォロワー数は予定通り増えているのか、競合アカウントの運用はどうなっているかなど、さまざまな要素を確認して、分析するマーケティングスキルが必要です。

マーケティングスキルというと難しそうに聞こえますが、自分用のSNSアカウントを作って運用と分析にチャンレンジしていけば、自然とスキルが身につくでしょう。

フォロワーとのコミュニケーション能力

SNSは一方的に情報発信するだけでなく、フォロワーとのコミュニケーションがとても重要です

フォロワーとコミュニケーションをとって関係を深めることで、運用アカウントのファンになってもらい、リピーターへとつなげられます。

たとえば、運用代行しているアカウントがタグ付けされたり、関連するハッシュタグが使用されたりしている場合、その投稿にリプライや「いいね」することは大切になるでしょう。

SNS運用代行を副業として始める方法

ここでは、SNS運用代行を副業として始める方法をチェックしましょう。方法は大きくわけて2つ。直接営業とクラウドソーシングサイトの活用です。

企業に直接営業する

1つ目は、企業に直接営業をする方法です。

企業には、広報部や広報担当者がいる場合もありますが、SNS運用に関しては最近のマーケティング手法のため、ノウハウを持っていないことも

フォロワー数が多いSNSアカウントを個人で運用した経験があれば、その実績を評価されて、SNS運用代行の仕事を獲得できる可能性があるでしょう。

クラウドソーシングサイトで探す

2つ目は、クラウドソーシングサイトで探す方法です。

まずはクラウドソーシングサイトに登録して、「SNS 運用」「Instagram 運用」「Twitter 運用」などのキーワードで検索をすると、募集案件を見つけやすいです。

ここからは、SNS運用代行の募集を探すのにおすすめのクラウドソーシングサイトを3つご紹介します。

ランサーズ

ランサーズは、日本初のクラウドソーシングサービスです。ランサーズで掲載されている案件の種類はとても豊富なので、SNS運用代行に関する仕事も多く掲載されています。

未経験から始められる案件も多く、副業を始めたい初心者には、おすすめのクラウドソーシングサービスといえるでしょう。

クラウドワークス

クラウドワークスは、国内最大手で、総合型のクラウドソーシングサービスです。

初心者でも対応可能な案件が数多くあり、誰でも取組みやすいのでおすすめです。また、SNS運用代行についても数多くの依頼が用意されているので、ぜひ見てみてください。

Waris

Warisは、SNS運用の仕事がメインのクラウドソーシングサービスです。

登録者の9割以上が女性という特徴も。今まで培ったSNS運用のスキルを活かしやすいサービスを提供しています。

SNS運用代行の報酬

SNS運用代行の気になる報酬は、仕事の依頼主が企業か個人かによって差が発生する傾向にあります。

稼働内容によっても報酬金額は変わってきますが、月給での支払いが多く、1アカウントの管理で月5,000円~50,000円が目安になっています。

ただし、企業が運営している転職サイトやECサイトなどの場合は、月100,000~500,000円ほどもらえる高額案件もあるようです。

スキルを活かして楽しみながらSNS運用代行の副業を始めよう

SNSは、楽しみがら運用できるツールです。毎日のようにSNSに慣れ親しんでいれば、必要な運用スキルも自然に身についていくでしょう。

普段からSNSでフォロワーと交流がある方であれば、コミュニケーション能力には問題ないため、SNS運用代行は初心者でも取り組みやすい副業といえます。

SNS運用代行の副業を始める際には、まずはクラウドソーシングサイトで募集案件を探すのがおすすめです。自身のSNSアカウントのフォロワー数が多い方は、運用代行してみたいジャンルの企業に直接営業するのも1つの手です。

現代の生活で、SNSはなくてはならない存在です。多くの方がその恩恵を享受している時代だからこそ、SNS運用代行のニーズはこれからも高まっていくでしょう。

 

 

執筆者 野本一貴

フリーランスの英日翻訳者、Webライターとして活動中。得意なジャンルは投資、クレジットカード、インバウンドなど。丁寧な翻訳、わかりやすいライティングを心がけています。