【初心者向け】動画編集の副業で稼ぐには?収入につながる始め方を解説

ここ数年、YouTubeなどの動画プラットフォームの浸透や、動画コンテンツの需要が高くなっていることから、動画編集という仕事に注目が集まってきています。

動画コンテンツは今後もニーズがより高まり、あわせて動画編集の案件も増加すると予想されるため、動画編集は副業にとてもマッチングした仕事といえるでしょう

「これから副業として動画編集に挑戦してみたい」「すでに動画編集の副業を始めていて、もっと稼げるようになりたい」と考えている方も多いはず。

しかし、どうすれば動画編集が副業として成り立つのか、どのようにすれば動画編集で稼げるようになるのかわからない方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、動画編集の副業で稼ぐための始め方を、初心者向けに解説します。本記事を読んで、動画編集の副業を収入につなげていきましょう。

 

動画編集の副業をおすすめする理由

動画編集は、これからの時代にあった仕事なので、副業にとてもマッチングしています。ここでは、動画編集が副業に適している理由を具体的に解説していきます。

動画の需要が高いから

TikTok、Instagramなどの動画を取り入れたSNSや、YouTubeやBuzzVideoなどの動画プラットフォームなどが一般的となり、利用者数は増加傾向にあります。

つまり、動画の需要が非常に高いといえる状況なので、必然的に動画編集の需要も高いといえるでしょう。

動画編集のスキルを身につけやすいから

動画編集は難易度が高いイメージがありますが、それほど難しいスキルは必要ありません。

オンラインスクールを活用すると、働きながらでも数か月もあればスキルを身につけることが可能です

パソコン1台あれば始められるから

インターネット環境があれば、パソコン1台から始められる点もおすすめする理由の1つ。

動画データはオンライン上でやり取りして、パソコン内で専用ソフトを使用すれば編集が可能です。本業で忙しい方でも、すき間時間を有効活用して稼げます。

動画編集の副業で稼げる金額の目安

動画編集の副業とひとくちにいっても、さまざな仕事内容があります。指示通りの簡単な切り貼りやテロップ入れから、企画や撮影、動画構成の立案まで関わる場合もあるでしょう。

ここでは、動画編集の副業で稼げる金額の目安を、案件の内容別に解説します。

YouTubeの動画編集

動画で最初に思いつくプラットフォームといえば、YouTubeでしょう。個人だけでなく、企業や法人団体なども参入しており、YouTubeは動画編集の需要が高いといえます。

YouTubeの動画編集の報酬額は、案件内容によって価格が変動しますが、映像の切り貼り・簡易的なエフェクトや効果音の使用・テロップやBGMの挿入などの相場としては、1本あたり3,000〜5,000円です。

上述した動画編集の内容に加えて、企画の立案やブランディング、撮影なども合わせて対応できるようになると、1本あたり20,000〜50,000円の案件獲得も可能でしょう。

ウェディングムービーの動画編集

ウェディングムービーの動画編集は、1本10,000~30,000円が相場です。YouTubeの動画編集と比べると相場は高めですが、その分、難易度も高い案件といえます。

クライアントとの入念な打合せはもちろん、動画編集のベーシックスキルだけでなく、理想的な色彩調整やアニメーション導入などのテクニックが必要となる場面が出てくる可能性もあるでしょう。

企業向けの動画編集

企業向けの動画編集とは、企業やブランドのセミナーやイベントなどのPR、商品の販売促進などで制作される動画の編集を指します。

単価の相場は難易度によって変動しますが、セミナーやイベントなどは20,000~40,000円企業やブランドのPR動画は数十万円~と高額です。

動画編集テクニックだけでなく、対象者への訴求力をより高めた動画構成や、見せ方のセンス、他のスタッフとの合同作業なども必要になってきます。

そのため、動画編集の初心者にはハードルが高い案件といえますが、経験を積んでいけば対応できる可能性も十分あるといえるでしょう。

動画編集の副業の始め方と流れ

動画編集の副業に取り組む際には、おさえるべき始め方と流れがあります。ここでは、動画編集で着実に収入につなげて稼いでいくための方法を詳しく解説します。

1.スキルを身につける

動画編集に取り組む際には、まずは必要最低限のスキルを身につけることから始めましょう。独学でスキルを身につけるのも良いですが、スクールを受講した方が効率良く学べます。

ここでは、おすすめのスクールを2つご紹介します。

studio US

「studio US」は、未経験から始める動画制作オンラインスクールです。講義はすべてオンラインに対応しているので、いつでもどこでも学べるのが特徴。

都合の良い時間に受講できるので、忙しい社会人でも、無理なくスキルを身につけることが可能です。

初心者向けの基礎的なことから、中級者向けの実践トレーニングまで、合計700本以上の動画教材が用意されています

疑問点や不安点などは、プロの講師に質問可能。最先端の動画編集ソフトAdobe Premiere Proの操作スキル習得だけなく、Adobe IllustratorやAdobe Photoshopの使い方も学習可能です。

ヒューマンアカデミー 動画クリエイター講座

「ヒューマンアカデミー 動画クリエイター講座」は、複数の学習コースとスタイルを準備しています。自分の目標と、ライフスタイルに合った講座を選択できる動画制作スクールです。

学習コース

  • 動画の基礎を学んで業務に活かす動画クリエイターコース
  • 就職・転職できるスキルを身につける動画クリエイター総合コース
  • Web制作技術もプラスしてワンランク上を目指すWeb動画クリエイターコース

学習スタイル

  • インターネット環境があればいつでもどこでも学べるオンラインスタイル
  • 少人数制でプロからデザインのノウハウを直接学べる通学クラス担任スタイル
  • 学びの内容により上記2つのスタイルの良い部分を選択できるブレンドスタイル

現役のクリエイターから、制作課題を添削したフィードバックがあります。制作物はポートフォリオとして使えるでしょう。

専任カウンセラー制度により、入学から卒業までしっかりと受講生をバックアップ。手厚いサポート体制が特徴のスクールです。

2.実績を制作する

動画編集のスキルを身につけた後は、実績をつくるための制作をしましょう。なぜなら、実績がないとスキルがどのくらいなのか、クライアントが判断しづらいからです。

実績さえ制作しておけば、得意分野のPRや、クライアントへの営業に活用できます。自分の制作物をポートフォリオとしてまとめておくと、仕事を獲得するうえで有利になるでしょう。

3.仕事を獲得する

動画編集スキルの学習、実績の制作までできた方は、実際に仕事を獲得していきましょう。ここでは、動画編集の仕事を獲得する方法について解説していきます。

知り合いから仕事を紹介してもらう

はじめは友人や知人といった、知り合いから仕事を紹介してもらうのが有効な手段です。

知り合いであれば、いろいろと融通が利きやすい一面もあり、ここで実績を作っておけば、クラウドソーシングサービスなどで提案が採用されやすくなるはずです。

クラウドソーシングサービスで仕事を獲得する

クラウドソーシングサイトに登録して、現在の自分のスキルに合った仕事に応募して、仕事を獲得していきましょう。ここでは、登録しておいた方が良いクラウドソーシングサービスを3つご紹介します。

クラウドワークス

クラウドワークスは2011年に設立され、300万人を超えるユーザーを抱える大手クラウドソーシングサイトです。悪質案件の撲滅や、適正報酬の取引促進などを推進しています。

ランサーズ

ランサーズは、日本初のクラウドソーシングサービスで、50万人以上の利用者がいます。24時間365日体制のサポート体制や、利用者の秘密保持の徹底などを行っています。

ココナラ

ココナラは、個人のスキルを気軽に売り買いできるクラウドソーシングサービスです。サービス提供はすべてオンライン上で完結し、金銭のやり取りについてもココナラが仲介しているので、安心してスキルシェアできます。

スクールを受講して受注する

受講生や卒業生に対して、案件を紹介するスクールもあります。そのため、スクールを選択、受講する際には、動画編集スキルの習得だけでなく、案件の紹介があるかどうかチェックしておくと良いでしょう。

動画編集の副業で稼ぐには初心者こそスクールの有効活用が大切

今回は、動画編集の副業について、始め方と仕事獲得までの流れについて解説してきました。

流れをしっかりとおさえて実践していけば、初心者でも動画編集の副業で収入につなげることは十分に可能でしょう。

独学も1つの手段ですが、効率的に動画編集のスキルを身につけて、確実に仕事を獲得するには、スクールの活用が有効な手段になるはずです。

動画編集の副業を通じて、個人で稼げるスキルをぜひ身につけてください。 

 

 

執筆者 野本一貴

フリーランスの英日翻訳者、Webライターとして活動中。得意なジャンルは投資、クレジットカード、インバウンドなど。丁寧な翻訳、わかりやすいライティングを心がけています。