優秀なライターを探す5つの方法と採用のポイントを解説

近年ますます、インターネットを介した情報発信やマーケティングが一般化しているため、自社サイトや情報サイト、SNSなどのWebメディアを運用する企業が増えています。

乱立するサイトの中で、自社サイトのアクセス数を伸ばすために、良質な記事を執筆できるライターを探しているかもしれません。

とはいえ、「自社メディアに合ったライターをどのように探せば良いのかわからない」とお悩みの担当者もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、ライターを採用する5つの方法や、実践できるコツについて、実例を交えてご紹介します。

 

ライターを探すおすすめの5つの方法

ここでは、経験や知識、得意分野の違うライターの中から、自社メディアに合ったライターを探す5つの方法をご紹介します。

1.ビジネスマッチングサイト

仕事を受注したい人と、仕事を発注したいクライアントをマッチングするビジネスマッチングサイトは、比較的簡単にライターを見つけられる方法の1つです。

「単発でライティング案件を発注したい」「低価格で大量の記事が必要」などの場合は、多数のライターが登録しているクラウドソーシングサービスの利用がおすすめです。

初心者ライターから経験豊富なプロライターまで、ライターの質にはばらつきがあるものの、クラウドソーシングサービスでは受注者のこれまでの実績や評価を公開しているので、コンタクトを取る前にある程度の実力を把握できるのが特徴です。

「継続的に案件を納品できるライターが必要」「即戦力ライターが欲しい」という場合は、副業マッチングプラットフォームの利用を検討できるでしょう。

副業としてライティング案件を探している、実績が十分にあるライターが在籍していることも多いため、業務委託契約により継続的な案件を発注したい場合などにおすすめです。

おすすめのクラウドソーシングサービスは「ランサーズ」と「クラウドワークス」

大手クラウドソーシングサイトの「ランサーズ」と「クラウドワークス」は、どちらも登録から仕事の発注まで無料で行えます。

ライターとの契約時に、報酬を運営へ仮払いする制度があり、仮払いした報酬は納品後にライターへと支払われるため、金銭上のトラブルを避けやすいといえます。

依頼形式は、「プロジェクト形式」「コンペ形式」「タスク形式」があり、その中でもライティング案件の依頼に適しているのは「プロジェクト形式」です。

仕事の内容や必要な情報を記入して募集を掲載したあとは、ライターの応募を待ちましょう。応募数が極端に少ない場合は、依頼内容や報酬などを見直して再掲載してみてください。

副業マッチングプラットフォームなら「WorkAny」がおすすめ

「WorkAny」は、副業人材をスカウトできるマッチングプラットフォームで、1か月ごとの定額料金以外は初期費用や成約手数料がかかりません。

また、期間中の求人掲載やスカウトは無制限なので、低コストで即戦力副業社員を採用できます。

フリーランスライターや副業ライターはもちろん、ディレクターやプロデューサーなどのハイスキル人材の募集にもおすすめです。

2.自社メディア

自社メディアを通してライターを募集する方法は、効果的な方法の1つです。なぜなら、応募者はすでに自社サイトについて知っていたり、記事の目的や内容を理解していたり、共感していたりする可能性が高いからです。

自社メディアを通した募集では、仲介手数料などの費用はかからず、直接雇用により長期的に安定した記事作成が可能となります。

基本的には、ライターからの応募を待つことがメインなので、すぐにライターが必要な場合には適していない方法です。

自社サイトの認知度が高く、閲覧者が多い場合はかなりの数の応募を期待できるでしょう。

応募フォームを工夫する

自社サイトでライターを募集する際は、応募フォームを用意しましょう。応募フォームには、以下の項目を含めると効果的です。

  • 名前
  • 年齢
  • 職歴・資格
  • 執筆可能な分野
  • 趣味
  • ライティング歴あるいはブログ歴
  • 自己PR

執筆可能な分野については、「旅行」「医療」「IT」「法律」などの選択肢を設けておくと、自社メディアとの相性や、将来どの分野の執筆を依頼できるかを検討する助けになります。

3.SNS

一部のライターは、SNSを活用して情報発信をしていたり、ライティング案件を探していたりするため、SNSはライター発掘に絶好のツールといえるでしょう。

SNSで発信している情報をチェックすることで、これまでの仕事や得意分野、文章力などを比較的簡単に確認できるので、自社が求めるライター像に近い方を見つけやすいです。

SNSでライターを探すときは、更新頻度もチェックしておきましょう。なぜなら、更新頻度が低かったり、最後の投稿からかなりの時間が経過していたりする場合は、すぐに連絡が取れず、時間を無駄にしてしまう可能性があるからです。

フォロワー数の多いライターであれば、記事や自社サイトをSNSで拡散してくれるかもしれません。

Twitterを利用してライターを探す

Twitterを利用してライターを探す場合は、「ライタ―(得意分野)」を検索すると、特定の分野の執筆を得意とするライターが見つかりやすくなります。

あるいは「ライター 募集」と検索すると、ライターを募集しているアカウントを見つけられるので、フォロワーの中から仕事を探しているライターを探すこともできるでしょう。

4.勉強会・イベント

全国各地で開催されているライター向けのイベントや講習会などは、多くのライターと知り合える機会となります。

メリットは、直接会って話ができるため、条件面での相談から契約まで、スムーズに話がまとまる可能性が高いことです。

また、人間性やコミュニケーション能力、一般的なビジネスマナーなども確認できるため、長期的な関係を築けるかの判断もしやすいでしょう。

参加者だけではなく、イベントの主催者や講師など、経験豊富なライターや編集者とも会えるため、仕事の依頼はもちろん、知り合いのライターを紹介してもらえるかもしれません。

コロナの影響もあり、オンラインで開催されることが多くなりましたが、可能であれば直接会うスタイルがおすすめです。

5.記名記事のライター

ニュースサイトや情報サイトの記事に掲載されている、執筆したライター名からライターを探す方法もおすすめです。

記事がすでに採用、また掲載されていることから、執筆したライターのライティングスキルは十分高いといえますし、完成された記事を読めるため、自社サイトとの相性も確認できます。

ライター名をインターネットで検索して、ライターの連絡先やSNSアカウントなどの情報を得られた場合は、コンタクトを取ることができるでしょう。

ただし、いわゆる売れているライターは一般的に原稿料が高く、また忙しいため、採用のためには魅力的な条件の提示が必要となるかもしれません。

理想のライターを見つけるための3つのコツ

すでにご紹介した方法でライターを見つけたとしても、自社にとって理想のライターかどうかの判断は簡単ではありません。

ここでは、自社にとって理想のライターを見つけるコツを3つご紹介します。

1.ライターに依頼内容を明確に伝える

ライターに依頼をする際は、ライターが記事を執筆するために必要とする情報を事前にまとめておきましょう。

記事を書くうえでの決まりごとや契約内容が不透明では、ライターから敬遠される可能性があり、契約できたとしてもトラブルのもとになるかもしれません。

そのため、ライターに依頼をする前に、以下の情報を明確に定めておきましょう。

記事の目的

依頼者とライターが記事の完成イメージを共有しておくことが大変重要なため、依頼する記事の目的はアクセス数の増加なのか、サイトの認知向上あるいは資料請求や販売なのかをはっきりとさせ、ライターに伝える必要があります。

参考となる記事があれば、事前に伝えて読んでもらうと良いでしょう。

レギュレーション

語尾や表記方法、NG表現などはサイトによって違うため、ライターが戸惑うことがないように、記事を書くときの細かいルールをしっかりと伝えることが肝心です。

細かいルールを事前に伝えておくことで、無駄な修正を減らすことができ、ライターと依頼者の双方のストレスを軽減できます。

作業範囲の指定

記事の作成には、執筆以外にも「構成の作成」「画像の選定」「入稿」などの作業も含まれる場合があります。ライターが担うべき作業範囲をしっかりと確定し、伝えるようにしましょう。

原稿料・経費

ライティングで生計を立てているライターにとって、原稿料は仕事を受注するかどうかの重要な判断材料になります

原稿料を下げ過ぎると、応募するライターの質も下がってしまい、コピペのような不正行為や膨大な修正作業、未納品などの問題が起きるかもしれません。

記事の質を保つためには、十分な予算を確保し、適切な原稿料を設定する必要があるでしょう。

記事の内容によっては、交通費や撮影代、商品の購入費が発生するかもしれません。経費の支払いについて明確に定めておくことは、トラブルを避けるうえで大切です。

文字数

文字数が1,000文字か3,000文字かでは、記事構成やテーマの扱い方に大きな違いが出るので、ライターが困らないように最低限満たすべき文字数を事前に伝えましょう。

納期

ライターに依頼をする際は、いつまでに記事を納品すべきかを明確にしておきましょう。複数の記事を依頼する場合は、一括の納品なのか、あるいは記事ごとに納期が違うのかを伝えることが大切です。

納期はサイトに掲載する日から逆算して設定できますが、修正作業などを見越して余裕のある納期にすると、ライターも安心して執筆できます。

2.プロフィールを確認する

ライターのプロフィールは、採用のための貴重な判断材料になりますが、資格や学歴、職業経験などがあれば良いライターであるとは限りません。

良いライターかどうかを見極めるためには、実績を確認することをおすすめします。すでにライターとしての経験がある場合は、これまでの実績をまとめたポートフォリオを提出してもらいましょう。

依頼するテーマと同じ、あるいは近いテーマについての執筆経験があると、質の高い記事が期待できます。

3.テストライティングをする

ライティングスキルを知るうえで最も簡単で明確な方法は、テストライティングです。経験者はもちろん、特に初心者ライターの実力を推し量るためには、テストライティングが欠かせません。

テストライティングは、採用のための「テスト」ではあるものの、報酬を設定しておくことをおすすめします。なぜなら、採用されるとは限らないのに無報酬であれば、ライターの応募数はかなり少なくなるかもしれないからです。

契約を見据えて、レギュレーションやターゲット、記事の目的などを伝えることで、正確な判断ができるでしょう。

テストライティングでは、以下の点に注意してください。

文章力

主述関係などの文法や誤字・脱字、表記の統一性などをチェックします。また、記事全体が論理的でわかりやすい内容になっているかも確認しましょう。

レギュレーション

レギュレーションに沿ったライティングがされているかをチェックします。

納期

テストライティングであっても、納期を設定しましょう。連絡もなく納品が遅れるライターとは、長期的な付き合いは難しいかもしれません。

リサーチ力

提示されたテーマに沿って自らリサーチし、情報豊かな記事となっているか確認します。信頼できる情報なのかを確認できるよう、参照元を表記するように依頼すると良いでしょう。

コピペチェック

魅力的な文章であっても、他の記事からの盗用が疑われる場合は掲載できません。なぜなら、コピペが疑われる記事を掲載してしまうと、信用問題に発展しかねないからです。

ココピペしているかどうかを確認するには、無料でチェックできるサイトを利用してみてください。「CopyContentDetector」は、無料で4,000文字以内の文章のコピペチェックができるのでおすすめです。

コンテンツの目的とライター像を明確にすることから始めましょう

「膨大な数のライターの中から、自社にぴったりのライターを見つけるのは不可能だ」と感じる方は、まずはどのようなコンテンツを作り上げていきたいのかを明確にすることで、採用したいライター像を明確化してみてください。

その後、今回ご紹介した「ライターを探す5つの方法」の中から、自社メディアの目的と採用したいライター像に合った方法を試してみることをおすすめします。

応募者のこれまでの実績や資格などの情報は、採用を検討するための大切な判断材料ですが、「他社にとっての理想的なライターが、自社メディアにとっても理想的なライターになるとは限らない」ということを心に留めておきましょう。

ライターは、魅力的なコンテンツを作り上げていくための大切なパートナーとなるため、採用までに必要な作業に1つずつ取り組み、自社メディアにとって理想のライターを探し出してください。

 

 

執筆者 Toshiyu

Toshiyuさんプロフィール電力関連の仕事に13年従事、その後インドネシアに移住して一年のほとんどを海外で過ごす。現在はライターとしてフリーランス・副業・複業に関する記事を執筆。自由な働き方に挑戦する読者へ役立つ情報の発信を目指しています。