エンジニアにおすすめの資格とは?タイプ別に取得すべき資格を解説

エンジニアとしてのスキルを身につけるために、資格取得を考えている方もいるでしょう。

資格取得は、体系的な知識を得るためにも効果的な手段の一つですが、IT系の資格は種類が多いため、どの資格を取得すべきかは悩みどころです。

そこで今回は、エンジニアにおすすめの資格をタイプ別にご紹介します。

 

エンジニアに資格は必要なの?

資格について調べていると、「エンジニアに資格は不要だ」「資格よりも実務経験が大事」という意見をよく見かけます。

たしかに、エンジニアは資格よりも経験を重視される傾向が強いです。しかし、経験が重視されるのは中級者以上を対象とした案件である場合が多いため、エンジニア経験が浅い初心者にとっては、資格取得をきっかけに体系的な知識を得るのも良いでしょう。

その際は、資格取得を目的に学習するのではなく、学習する先に資格取得があることを忘れてはなりません。資格取得のために暗記をするだけの学習方法では、スキルは身につきません。

資格取得は基礎知識や知見を広げたいときに効果的であるため、エンジニア初心者の方や、エンジニアとしての知識を再度身につけたい方におすすめです。

【タイプ別】エンジニアにおすすめの資格とは

ここからは、実際におすすめの資格を紹介していきます。

エンジニアは役割によって取得すべき資格が異なります。そこで、今回はエンジニアのタイプ別に、取得すべき資格をご紹介しましょう。

全エンジニアに共通しておすすめの資格4選

まずは、エンジニアであればとりあえず取得しておきたい資格を4つご紹介します。

1.ITパスポート

ITパスポートは、ITに関する基礎知識を証明できる国家資格です。

近年、ITの技術が進歩してきており、ビジネスをするうえでITの活用は欠かせないものとなりました。ITパスポートはエンジニアだけではなく、学生からビジネスパーソンまで幅広い方が対象となっています。

試験内容は、

  • ストラテジ系(経営全般)
  • マネジメント系(IT管理)
  • テクノロジ系(IT技術)

の3つに分かれており、各分野の知識を幅広く身につけられるのです。

エンジニア歴の長い方にとっては物足りない内容ですが、これからエンジニアを目指す方や、エンジニアになったばかりの方が最初に受けると、ITに関する幅広い知識を身につけられます。

2.基本情報技術者試験

基本情報技術者試験は、ITエンジニアを目指す方の登竜門と呼ばれており、IT知識の基礎を身につけられる国家資格です。

先述したITパスポートよりも難易度が高く、幅広い方が対象というよりも、エンジニアに向けた試験内容となっています。

特に、プログラミング・データベース・アルゴリズムといった内容が追加されているため、エンジニアとしての基礎が身につくでしょう。

3.情報セキュリティマネジメント

情報セキュリティマネジメントとは、2016年から試験が開始した新しい資格で、情報セキュリティに関する知識が問われる国家資格です。

近年、悪意のあるものによるサイバー攻撃が多発しており、多くの企業でセキュリティ対策が求められています。

サイバー攻撃の手口は年々巧妙化しており、完璧な対策をしていると思っていても新たな手口で攻撃を加えてくるのです。したがって、企業では情報セキュリティ人材の需要が高まっています。

情報セキュリティマネジメントは、情報セキュリティに関する専門的な知識を習得できるため、エンジニアを目指す方であれば取得しておいた方が良い資格です。

4.応用情報技術者試験

応用情報技術者試験は、先述した基本情報技術者試験よりも高度なITスキルを証明できる国家資格です。

応用情報技術者試験は基本情報技術者試験と比べて、IT系の知識だけではなくマネジメントやストラテジ分野が試験内容に含まれているため、プログラマーというよりもシステムエンジニアとしての力を養えます。

基本情報技術者試験を受けずにいきなり応用情報技術者試験の受験も可能ですが、エンジニアの実務経験がない方は、基本情報技術者試験から受験するのがおすすめです。

また、応用情報技術者試験に合格することで、IPA(情報処理推進機構)が提供している高度試験の午前試験が一部免除されます。

エンジニアとしてワンランクアップしたい方は、応用情報技術者試験の受験が効果的でしょう。

システムエンジニアを目指す人におすすめの資格4選

続いて、システムエンジニアを目指す人におすすめの資格を4つご紹介します。

1.AWS認定試験

AWS認定試験は、AWS(Amazon Web Services)に関するスキルを証明できるベンダー資格です。

AWSとはクラウドコンピューティングサービスのことで、最近よく耳にする「クラウド」を指しています。最近は、経済産業省がDX推進に力を入れていることもあり、クラウドの活用が求められています。

AWS認定試験は、エンジニア市場で需要の高いクラウドを扱える人材である証明になるため、社内でのアピールや転職時のアピールにもつながるでしょう。

AWS認定試験には、レベルや職種に応じてさまざまな試験が用意されています。レベルは上から順に「プロフェッショナル」「アソシエイト」「基礎コース」の3つがあり、レベルに応じて以下の職種に分かれています。

  • アーキテクト
  • 運用
  • 開発者
  • クラウドプラクティショナー

システムエンジニアとして活躍したい方は「ソリューションアーキテクトアソシエイト」の受験がおすすめです。ソリューションアーキテクトアソシエイトは、アーキテクトに関する内容を問われる試験で、AWSを構築するために必要となる基礎知識を身につけられます。

システムエンジニアは、クラウド環境の活用が求められているため、ソリューションアーキテクトでクラウドスキルを証明できるでしょう。

2.Oracle認定Javaプログラマ

Oracle認定Javaプログラマは、名前の通りプログラミング言語「Java」のスキルを証明できるベンダー資格です。

日本オラクル社が運営しており、難易度別のグレードが「Bronze」「Silver」「Gold」の3つに分かれています。まずはSilverを受講して基礎知識の習得に励み、その後応用的な内容を知りたい場合はGoldの受講をするのが得策です。

Javaは、今でも根強く使われ続けているプログラミング言語で、大規模なシステムを中心に活用されています。Javaは初心者が最初に学ぶプログラミング言語としてもおすすめです。

3.PHP技術者認定試験

PHP技術者認定試験は、プログラミング言語である「PHP」のスキルを証明できるベンダー資格です。

PHP技術者認定試験には「初級」「上級」「認定ウィザード」の3つがあり、認定ウィザードは研究論文やコードを提出する必要があるため、実務経験がないと合格は厳しいでしょう。

PHPはWeb系のシステムに利用される機会が多いため、Web業界で活躍したいエンジニアにおすすめです。

4.Python3エンジニア認定試験

Python3エンジニア認定試験は、「Python3エンジニア認定基礎試験」と「Python3エンジニア認定データ分析試験」に分かれており、人工知能で注目を集めているプログラミング言語「Python」のスキルを証明できるベンダー資格です。

Python3エンジニア認定基礎試験では、Pythonの基本的な文法や知識を問われ、Python3エンジニア認定データ分析試験では、データ分析に関する知識が問われます。

Pythonは注目されている人工知能やAI分野で使われる言語であるため、将来的に機械学習の分野で活躍したいエンジニアが受講すべき資格です。

エンジニア初心者は資格の取得がおすすめ

今回は、エンジニアにおすすめの資格をタイプ別に紹介しました。

資格は体系的な知識を得られるため、エンジニア初心者がシステムの全体を把握する場合や、より深い知見を得たいときに効果的です。

しかし、資格取得を目的にしてしまうとスキルとして身につきにくいので、目的意識を持って学習に取り組む必要があります。

これから資格を取りたいと思っている方は、今回の記事を参考に自身のスキルに合った資格取得に挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

 

執筆者 Yukki

Yukkiさんプロフィール大学卒業後、第一地銀、外資系コンサルに勤務し、現在はエンジニア業務をこなしながらライター業にも従事。取り扱うテーマは、これまで勤務経験のあるテクノロジー領域を中心に発信。これまでの専門性を活かした読者のみなさまに貢献できるような内容を積極的に取り上げていきたい。